あなたは知ってますか?白髪染めとおしゃれ染めの違い

結論

『白髪染めとおしゃれ染めの違いってなに?』

実際にお客様によく質問をいただきます。

結論からいうとほぼ同じです。

ただ1番はどんな仕上がりにしたいかです!!

今回はこの2つのカラーの違いをお伝えしていきたいと思います。

おしゃれ染めと白髪染めの違い

カラーには『おしゃれ染め』と『白髪染め』があります。

そもそも何が違うんだろ?

と思っている方も多いはず。

髪を染めるという原理は髪の毛の色素を脱色【元の髪の毛の色素を抜き新しい色を入れる】して、そこに染料を入れるという事。

その原理は『おしゃれ染め』と『白髪染め』はそんなに違いはないんです。

違いは脱色の強さと染料の濃さです。

おしゃれ染めは明るく染めることを前提としているので脱色してブラウンが少なめで、鮮やかな色彩で染めます。

アッシュ・ベージュ・ピンクなど沢山色味が楽しめますね。

白髪染めは薄い色だと白髪が浮いて染まらないので濃いブラウンでまず白髪を目立たせなくさせてから他の色を足していきます。
ブラウンの染料がしっかり入っているので髪を明るめにしたり鮮やから色彩を出すのが少し難しくなります。

まとめると、おしゃれ染めは白髪を染める必要がないのでブラウンは少なく色味で楽しめます。


白髪染めは白髪を染めるために濃いブラウンの色素が多く含まれています。

そのため仕上がりが少し暗くなってしまいます。

おしゃれ染めだと何色にでもなれるの?

おしゃれ染めだと鮮やかで綺麗な色味のカラーが可能です。

ただそれはベースの状態によっても変わってきます。

例えば『ピンクにしたい』とオーダーがあるとすると、そのお客様の現在の髪の毛の状態によってピンクの入り具合が変わってきます。

黒髪からピンクを入れるのと一度ブリーチで脱色し明るい状態からピンクを入れるのでは色味の出かたが、同じ薬剤とは思わないくらい違います。

私の店で使用している【アルティストカラー剤】などの“色味が濃い系のカラー剤”だと黒髪からでも比較的綺麗な色味がでるのですが、ブリーチをしなくては出ない色味も多いのでご注意を。

白髪染めだとカラーを楽しめないの?

『白髪染めだと一色しかないの?』などの質問もお客様からよくあります。

最近の薬剤は白髪染めでも色んな色味があります。

ただ白髪染めを続いていくと『毎回全体を白髪染めしなければならないのか?』となります。

そんな事はなく伸びてきている部分を『白髪染め』残りの部分を『おしゃれ染め』にするというやり方が出来ます。

白髪をしっかり染めたいけどカラーを楽しみたい方にお勧めです。

白髪ぼかしカラー

白髪が少なくてもすごく目立つ場所にありしっかり染めたい方には白髪染めがおすすめ。

他にも白髪がたくさんあっても目立たない場所にあり明るくぼかしてカラーを楽しみたい方にはおしゃれ染めで、白髪ぼかしハイライトを入れて目立ちにくくさせるなど様々な方法があります。

白髪が出てきて悩んでいる方は是非参考にしてください。

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。