白髪にポジティブなイメージを【白髪染め卒業】

白髪染めをしている方で『いつも同じ色』『もっと明るくしたい』『2週間ほどすると気になってくる』そお思っている人も多いはず。

白髪が伸びてくると老けてみえたり、疲れてみえてしまいます。

そうならない為に3週から5週の間で染める人がほとんどでしょう!

白髪染めをする時にどのような感情というか想いで美容室に向かいますか?

多くの人が“白髪を染める事”だけをイメージして美容室に行くと思います。

白髪を染めるのであたりまえの事ですが、少し作業に近い感覚ではないでしょうか?

『今日はどんな髪色にしようか?』『楽しみ』といった感覚ではない人が多いと思います。

白髪を染めるというのがポジティブな要素が非常に少ないのです。

白髪染めじゃない時は『どんな髪色にしよう』と思いながら美容室に行っていたはずです。

白髪染めを少しでも楽しみに出来たら毎回の染めが楽しくなってくると思います。

今回は白髪を染める事をポジティブに出来るような内容になっています。

白髪は白髪染めしか染まらないのか?

これはお客様からよくある質問です。

白髪が出てきたら白髪染めをしなくてはならないと思っている人も多いみたいです。

結論からいうとおしゃれ染めでもある程度染まります。

おしゃれ染めと白髪染めの違いは簡単に説明すると、おしゃれ染めは明るく鮮やかな色味をだせるカラー剤。

白髪染めは暗めで白髪にしっかりと色を入れるカラー剤です。

なので暗めのおしゃれ染めで白髪を染めてもある程度は色が入るのです。

ある程度なので色落ちも早いです。

黒髪も白髪も同じ色にして白髪をきちんと染めたいという人は白髪染めをおすすめします。

別にある程度染まってたらいいという人はおしゃれ染めでも良いかもしれませんね。

白髪の量や生えてきている場所によっても変わると思うのですが。

白髪そんなに染まってなくてもいい

今回のブログの重要なポイントです。

『白髪しっかり染めたい』という人は飛ばして下さいね。

この『白髪そんなに染まってなくてもいい』という感覚が今回のミソです。

白髪って隠さなくはならないものでしょうか?

誰にでもあるし、そんなにネガティブに思わなくてもいいのではないでしょうか?

おしゃれ染めで染めてカラーを楽しむ方が毎回のカラーが楽しみになるはずです。

白髪染めを否定しているわけではありません。

白髪を無視して染める事によりどうしても髪色が明るくなってきます。

会社で色の規定がある所では無理になってきます。

考え方を変えて白髪も個性と思えば伸びてきた白髪も気にする必要がありません。

長年白髪染めをしている人の悩みで『暗くなる』暗くなると白髪が伸びてきた時に黒とは真逆の白が生えてくるので余計に白髪が目立ってしまいます。

そういった悩みの人は白髪染めを辞めてみても良いのかもしれませんね。

どのように辞めていくのか?

実際に白髪染めを辞めた人をご紹介します。

左の写真は初めて来店された時の状態。

暗めの色にしていた事もあるのですが黒に近い状態です。

そこから半年をかけておしゃれ染めに変更しちょっとずつ明るくしていきました。

間で何度かハイライトをいれて明るくし、少しずつですが透明感もプラスしていきました。

白髪染めを何度もされている人は分かると思うのですが暗めの色で染めた場合『次明るくしたい』となってもなかなか明るく出来ないのです。

白髪染めは染料が髪に残りやすいので時間が経っても暗いままになる可能性が高いのです。

それを打破する為にハイライトを入れ少しずつ明るくしていきました。

ハイライトを入れるとブリーチを使用するのでダメージが気になる所なのですが、ショートという事もあり『傷んだら切る』精神でさせてもらいました。

このように白髪染めからおしゃれ染めに変える事で明るくなります。

写真ではわかりにくいですが明るい白髪染めとは違い透明感があります。

少し時間がかかるのですが満足度は高いはずです。

次に『白髪ぼかしハイライト』を入れたカラーをご紹介します。

白髪ぼかしハイライト

白髪が伸びてくると気になる理由としては染めた部分と伸びてきた部分が線を引かれたようにわかれてしまう。

というのがあると思います。

はっきりとわかれてしまうので余計に伸びてきた感があります。

それを少しでも和らげるために細かいハイライトを入れ明るい部分を作ると白髪が目立ちにくい状態になります。

白髪がちらほらある人がするとハイライトと白髪が同化して白髪が気になりにくい状態になります。

用は明るい部分を作り白髪と同化させるという事です。

先程も書いたようにブリーチを使用するのでダメージは避けられません。

それを踏まえてするのでご理解下さい。

ハイライトがあるだけで白髪もぼかせるしデザイン性も上がり、よりカラーが楽しくなってくると思います。

まとめ

白髪を隠すのではなく利用出来ればカラーがより楽しめるはずです。

全頭ブリーチで明るくしてしまえば白髪が伸びてきても気にならないと思います。

極端な話しですが。

もちろん白髪染めの良さもあります。

しっかりと白髪を染めてストレスなく過ごせる。

どちらでも良いのですが明るめが好きな人だと白髪を味方にして染めても良いのかなと思います。

※個人的な意見なのでご理解ください。

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。