白髪をぼかすハイライト【これをするだけで白髪染めを卒業できる!】

白髪染めのサイクル

みなさんは白髪染めの周期はどのくらいでしょうか?

白髪の量によって違うとは思いますが、だいたい1か月から2ヶ月の間ではないでしょうか?

早い人で3週間くらいですかね。

白髪染めをする理由の1位は「見えたら染める」が多いです。

ちょうど見えてくるのが1か月過ぎたくらいから。

黒髪の中に数本あるから余計に目立ってしまいます。

この「黒髪の中に数本あるから目立つ」というのがキーポイントです。

では逆に黒髪じゃなければ目立たないのでは?

となります。

まさに今回お話しさせてもらう事が「黒髪じゃなければ白髪は目立ちにくい」という事です。

黒髪じゃなければ白髪は目立ちにくい

そうなんです。

極端な話しブリーチで全体を脱色すると白髪か金髪かわからなくなり、白髪がぼやけて馴染みます。

ただ全体を脱色する事は髪の毛にダメージもいきますし、仕事柄難しい人が多いです。

ではどうすると白髪が目立ちにくく、尚且つおしゃれに出来るかというと「白髪の部分に細かくハイライトを入れる事」です。

下の写真は白髪がちらほらある状態。

この白髪のある状態から細かくハイライトを入れていきます。

この時ハイライトを入れる部分が決まっていて白髪の量や生えている位置によって少し変えています。

顔周りに白髪が多い人ようのハイライトの入れ方・分け目に白髪が多い人よう・つむじの部分に白髪が多い人ようと色々なパターンでする事が可能です。

※白髪染めの残りによっては一回では出来ない場合もあります。

何故ハイライトを入れる事によっ白髪が気にならないのか?

先程も書きましたが明るめの髪の中に白髪があっても馴染むと。

それプラス白髪が伸びてきた時に、通常だと白髪の延長線上には染めた暗めの髪があります。

それだと目立ちやすいです。

白髪の延長線上が明るめの色だと、根元からハイライトを入れているような雰囲気になるので生えてきた白髪も馴染むんです。

白髪の部分にハイライトを入れる事によって、オシャレな色味に出来るし白髪も気になりにくいというメリットがあります。

もちろんデメリットもあります。

1番はダメージ。

いくらケアブリーチを使ってもダメージは必ず残ります。

ハイライトの周期を空けるのとしっかりとしたホームケアが大切になってくるのでご注意を。

ハイライトを入れアルティストカラー

まずは白髪の部分に細かくハイライトを入れてます。

その写真撮り忘れてしまいました、、、

下の写真はハイライトを入れて色を入れた状態です。

アルティストカラーのトープグレージュ・ベイリーフグリーンを使いフォギーベージュに。

赤みを完全に抑えながらマットなベージュを出しています。

アルティストカラーは色味にグレーが入っているのでくすみが好きな方におすすめのカラー剤です

仕上がりの状態

ハイライトも上品に若々しい印象に大変身です。

誰もが出来るわけではありませんが、された方は必ず若返って素敵な女性になっています。

ご興味がありましたら是非一度ご連絡下さいね!

Instagram・YouTubeでヘアカタログ

ご予約はこちらから

※【予約する】ボタンを押すとHot Pepper beautyに繋がります。

JUN
ネット予約開始しました。

ラインで友達追加でもご予約可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です