白髪染めはもうやめた!!【−5歳の白髪を活かしたデザインカラーに】

白髪染めを卒業

「白髪染めを毎月しなくちゃいけない」

「3週間に一回行ってる」

「ちょっと出てきただけで気になる」

「前・分け目など見える所にばかり白髪が多い気がする」

など白髪に対する悩み、白髪染めをするというストレスがかかってしまう人も多いはず。

今回ご紹介するのは白髪を活かしたデザインにする事です。

「白髪見えるのがストレスでそんなの活かせれるのか?」

と思われるでしょう。

正確には「白髪をぼかす」という事です。

白髪染め卒業し白髪をカラーのデザインにしていこうって話しです。

白髪染めとおしゃれ染め何が違う?

白髪染めとおしゃれ染めも基本的には同じ仕組みで染まります。それぞれ特徴がありメリット・デメリットがあります。

髪が染まる仕組み
・アルカリ成分でキューティクルを膨張させる
・過酸化水素・化学染料が開いた髪の内側(コルテックス)に浸透する
・過酸化水素が髪のメラニンを脱色する
・化学染料が過酸化水素と結び付き酸化し発色する

他にも白髪の場合ヘアマニキュア・カラートリートメントなどの「酸性染料」などを使って髪の毛に色を入れる事が出来ます。

※「酸化染料」は黒髪に色は入りません。

おしゃれ染め

  • 脱色力が強い
  • 明るい色を発色させやすい
  • 退色しやすい

白髪染め

  • 染色力が強い
  • 明るい色が出にくい
  • 色もちは比較的長い

簡単に特徴を書きましたがホームカラーなどをしている場合は、化学染料の浸透がまだらになっている可能性があるのでご注意を。

白髪を活かしたデザイン

では具体的にどのようにして白髪を活かしていくのかというと、まずは今まで白髪染めをしている方などは白髪染めの部分がどの程度の明るさかをチェックします。

かなり暗めにしている場合は一回の施術では難しいです。

白髪を活かしたデザインというのは、白髪が多い部分に沢山のハイライトを入れる事によって白髪をぼかすようにしていく事です。

その為ハイライトで脱色出来ないほど暗めだと一回では難しくなってしまいます。

同じ部分にハイライトを入れるので2回、3回としていくと、白髪を活かしたデザインへと変わっていきます。

※白髪の量にもよりますが一回で大丈夫な人もいます。

特に気になる部分に細かくハイライトを入れていき、その上からやりたい色を入れると綺麗なデザインカラーになります。

例えのお客様です。

顔まわり・分け目・トップに白髪があり、その部分に細かくハイライトを入れています。

何度かしているので白髪染めっぽさのない柔らかな色味になっていると思います。

ブリーチは傷むからNG?

「ブリーチをするとダメージするからやりたくない」という方は多いです。

確かにダメージします。

ケアブリーチなどダメージしにくいブリーチもありますが傷みます。

そもそもヘアカラー自体が傷むのでそれは我慢するしかありません

。私がする白髪を活かしたデザインカラーは私自身が施術しますし、白髪の量によってハイライトを入れる位置・入れる量などが決まっているので、同じ場所に入れる事が可能です。

※多少の誤差はあります。

なので、ダメージを最小限に抑える事が出来ます。

家で「ブリーチしたこら髪の毛バサバサや」とならないようにホームケアのやり方・商品もご提案もしっかりとさせて頂きます。

伸びてくるのは白髪だから結局同じ?

これはよく頂く質問ですが、もちろん白髪が気にならないと言えば嘘になります。

しかし白髪が生えてきた部分の延長線上は明るいハイライトの部分になります。

根元からハイライトを入れているように見えると思います。

今まで一色で染めていて白髪が出てくるとはっきり白髪の部分と染めている部分が分かれていましたが、それが無くなるだけで気にならないというお声もお客様から頂いてます。

おそらく実際体験してもらうのが一番早いと思います。

今後このブログ・インスタなどに「白髪を活かしたデザイン」を載せていきますので、それを見て一度ご相談下さいね!

Instagram・YouTubeでヘアカタログ

ご予約はこちらから

※【予約する】ボタンを押すとHot Pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してご予約も可能です!
お気軽にメッセージください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です