大人女性向け!白髪染めとエイジング毛 ホームカラーとサロンカラーの違い

白髪+縮毛矯正

白髪染めを3週間ごとに。

縮毛矯正を3か月ごとに。

このペースでしても髪の毛にツヤハリは保てます。

その理由としてはまずは必ず美容室で染める。

ホームカラーをせずに美容室で染める事が大切です。

理由は色々あります。

※あまり書くと批判している風になるので控えさせて頂きます。

それに美容室でする事によってムラなく染めれます。

jun
ホームカラーをしムラが出来たり、時間が経過すると手触りが悪くなったりするという声をよくお聞きします。

美容室で染める事によって少しは軽減されると思います。

縮毛矯正をする場合、髪の毛のダメージによって当たり具合が変わってくるので、カラーの履歴はとても大切なんです。

簡単に説明すると

何もしていない黒髪と毛染めをしている髪の毛では同じ薬を使うと薬の浸透力が違います。
例えば黒髪は20分で浸透し、染めている髪は10分で浸透する。

となると同じ薬を同じ時間放置することが出来ないのです。

染めている髪を黒髪と同じように20分放置すると、過剰に薬を浸透させてしまいダメージを与えてしまう事になりかねません。

そうならない為に薬を変えて塗布しますが、ホームカラーなどでムラムラに染めた状態ですると、本来薬を付けない所にまで付いてしまい綺麗に縮毛矯正があたりにくくなってしまいます。

そうした事を避ける為にも白髪染め+縮毛矯正をされる方は美容室での白髪染めをおすすめします。

出来れば同じ美容室でするのが理想です。

白髪染め+エイジング毛

白髪染めだけされているお客様ですが、エイジング毛といって加齢によって起きる髪の毛の変化があります。

エイジング毛は細くなってきたり、チリチリ・ジリジリになります。

エイジング毛になるとカラーやパーマのダメージを受けやすくなるのでご注意を。

美容室で染め続けているお客様なので、ダメージが最小限に抑えてられています。

人によってエイジング毛になるタイミングは違ってきます。

エイジング毛とは?

エイジング毛とは加齢によっておきる現象。

  • 髪の毛がチリチリ・ジリジリしてくる
  • 髪の毛がふわっとしてまとまりが悪くなる
  • 乾燥毛になる

などの事が起こってきます。

原因としては髪の毛のタンパク質同士を結び付ける部分が年齢を重ねる事によって現象し、さまざまなダメージを受けやすくなってしまうのです。

エイジング毛の状態で自宅でカラーなどを続けていると進行していくだけなので出来るだけ美容室で染めましょう!

関連ブログ

白髪と抜け毛のお悩み*白髪染めor白髪を活かしたオシャレ染め

2020.07.08

ご予約はこちらから

インスタ・YouTubeでスタイル動画も撮ってます!

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です