切りっぱなしが人気!? 外はねボブ ハッシュカット

人気のスタイル

流行りは繰り返すと言われていますが、髪型なんかまさにですよね!

流行りのスタイルは少しだけ形を変えて“今っぽいトレンドヘア”になります。

昔流行ったスタイルでいうとワンレン・薄い前髪【今でいうシースルーバング】・ウルフヘア。

など一昔前に流行った髪型は多々あります。

若い世代の方は知らずにしている事が多いのですが、40.50.60代の方は『これ昔流行ったやつ!』と思う事があると思います。

ワンレンというのはパスっと切っただけのスタイル。

今でいう切りっぱなしスタイルですかね!

ウルフヘアは今でいう所のネオウルフ・ハッシュカットです。

ハッシュカットってあまり聞き馴染みのない言葉じゃないですか?

最近言われているスタイルです。

今回は『切りっぱなしボブ』と『ハッシュカット』をご紹介させて頂きたいと思います。

切りっぱなしボブとは?

名前の通りパツっと切った感じが残っているボブの事。

そのままでもいいし外はねにするのもかわいいです。

長さも襟足ギリギリの長さから肩に当たるくらいの長さまで幅広く人気のボブです。

明るめの色にする事によって軽い雰囲気がでて毛量が多い方でも挑戦しやすいです。

世代も問わず若い方から大人女性の方までチャレンジしてもらえるスタイルになっています。

人気の理由

何故人気なのか?

1番はかわいいのが理由ですが、それプラス自宅でのスタイリングが楽ちんな所が人気の理由なのではないかと思います。

ボブなので重さと長さで多少のくせ毛は抑えられ広がる事が少なく朝のスタイリングが時短になります。

毛先がはねていても“外はね”なので『はねてるじゃなくはねさせてる感』がありおしゃれな印象になります。

昔流行ったワンレンもこの切りっぱなしボブに近い印象で流行りはループしている事を実感します。

昔は本当にただ切っただけでしたが今は毛量を調整し重くなり過ぎないようにしています。

ハッシュカットとは?

ハッシュカットとは日本でいう『ウルフカット』の事。

上の部分は丸くカットし、襟足の部分はレイヤーを入れたスタイル。

韓国のアーティストやアイドルがしているので日本でも人気があるのでしょう!

細かな違いは日本のウルフカットと違い毛量が少し多め・顔周りのレイヤーが少し多めなどの違いがあります。

ハイトーンにする事によって雰囲気もガラッと変わります。

かっこいい』より『かわいい』を選ぶ傾向がある

先程紹介したハッシュカットはどちらかというと『かっこいい』イメージ。

そもそも髪型を決める時に『かっこいい』と『かわいい』どちらを選びますか?

好みがあるので全員に共通する訳ではありませんが『かわいい』の割合の方が多いスタイルを選びがちですよね。

外国人などは『かっこいい』を選ぶスタイルの割合が多いと聞きます。

顔の作り・身長などが違うのでどれが似合うかは人それぞれですが日本人は特に『かわいい』雰囲気を好むと思われます。

これは何の影響なのかなと考えた時に大きいと思うのがSNS。

恐らく昔から日本人は『かわいい』を好んでいたと思うのですが、SNSが普及する事により『かっこいい』よりも『かわいい』スタイルが増えたのだと思います。

顔写真の加工も別人のように可愛くなります。

このようなSNSの普及により『かわいい』がスタンダードになりそれに合わせて髪型もかわいいスタイルが多くなったのだと思います。

※個人的な意見です。

YouTube・Instagramでヘアカタログ

YouTube・Instagramでスタイルを載せています。

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。