伊丹 ラベンダーカラーの真骨頂【アルティストカラー アイリスバイオレット】

カラーを選ぶ時にヘアスタイル写真やインスタを見て『この色にしたい!』となりますよね?

季節にもよりけりですが、自分の好みの色味ってあるはずです。

暖色系・寒色系と分かれますよね。

パーソナルカラーといって自分に似合う色味って決まっていてメイクや服も自然とどちらかを選んでるんです。

以前書いたブログに『パーソナルカラー診断』っぽい事を書いているので参考にしてみて下さい。

自分に似合う色ってどんないろ?パーソナルカラー【グレージュ】【ココアブラウン】【チャコールグレー】

2021.08.03

今回ご紹介するスタイルは“ラベンダーカラー”万能な色味で主役にもなれるし脇役にもなれる色です。

まずは脇役としてのラベンダーカラーをご紹介します。

ラベンダーカラーってどんな色?

簡単に言うと薄い紫です。

くすみもあり曖昧な色味です。

役割としては脇役になる事が多い色味ですね。

ラベンダーアッシュ・ラベンダーベージュなどアッシュやベージュなどのに深みをもたせるためにラベンダーが使われる事が多いです。

光の当たり方によってラベンダーっぽくみえたりするのが特徴です。

ラベンダー単体で黒髪に染めた場合ラベンダー感はでにくいです。

ブリーチ・ハイライトなど明るい色にラベンダーを入れたときに真骨頂が発揮されます!

他にも補色という言葉を聞いた事ありませんか?

ラベンダーは補色にもよく使われます。

補色とは?

※補色とは反対色の事。

赤⇄緑

青⇄オレンジ

黄⇄紫

細かく書き出すとキリがないので割愛します。

カラーの場合それぞれの色には、その色を打ち消す色が存在するんです。

打ち消されるとブラウンに近づいていきます。

髪の毛以外だと逆に近い色は相性がよかったりもします。

同系色コーデみたいな。街で目立った看板・服装している人は反対色の色味を使っている事が多いです。

話しがそれましたがラベンダーは補色として使われる事が多い色味なのであまり『メインで染めてる』って画像は他のに比べて少ないと思います。

しかし今回のスタイルはラベンダーカラーをメインに染めているのでそちらも順をおってご紹介します! 

細かなハイライト+ブリーチ毛

先程も書いたように黒髪にラベンダーをいれても綺麗ですが“ラベンダー感”は薄いです。

その為ベース作りがとても大切になってきます。

元々中間から毛先にかけてエアタッチでブリーチがされていたのでそれを利用して太めのハイライトを多数入れていきます。

※『白髪ぼかしハイライト』の効果もあります。

根元からブリーチをする訳ではないのでハイライトを入れる事によってナチュラルなグラデーションになります!

一度流しその上からアルティストカラーの【アイリスバイオレット】を入れていきます!

バイオレットっていうくらいなので紫なのですが、少し薄めてラベンダーにしています。

after

仕上がりのスタイル。

毛先までしっかりと脱色する事によって綺麗なラベンダーが出ます!

エアタッチでしていたので黒髪の部分が立体感を際立たせてくれています!

今回はハイトーンのラベンダーをご紹介しましたが、黒髪スタートでカラーをする時何ヶ月かかけてラベンダーをする事によって透明感のあるラベンダーは表現出来ます!

是非一度チャレンジしてみては?

YouTube・Instagramでヘアカタログ

YouTube・Instagramでスタイルを載せています。

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です