大人女性必見おしゃれな人がやっているカラー

おしゃれなカラーと聞いて思い浮かぶものは何がありますか?

  1. ハイライト
  2. バレイヤージュ
  3. インナーカラー
  4. ハイトーン
  5. 外国人風のカラー

などなど好みによって違いますが、おしゃれなカラーと聞いて思い浮かぶものは通常のカラーよりもブリーチを用いてするカラーを思い浮かべる人が多いと思います。

『人と被らない』『人と違うカラー』はワンランク上のおしゃれな仕上がりになります!

通常のカラーと特殊カラーの違い

通常カラーと特殊カラーの違いは一度全体・部分でハイトーンにするかしないかの違いです。

通常カラーだと黒髪から染めていく、もしくは以前染めた部分をまた染め直す。

脱色していないのでブラウンベースのカラーになります。

ブラウンベースとはブラウン+ベージュやブラウン+アッシュなどブラウンに色味がのっかるイメージです。

特殊カラーになると一度全体・一部をブリーチを使用し明るくします。

明るくしハイトーンになった後でその上から更にカラーをしていきます。そうする事によって通常カラーとは違い色味がダイレクトにのります。

ブラウンが出ない為色味自体に透明感があり、とても綺麗仕上がりになります。

同じ色味を黒髪とブリーチ毛に染めた時全く違う仕上がりになります。

特殊カラーをする事により周りとは違うカラーが出来るのです!

ハイライト

ハイライトとはブリーチなどを使い明るい箇所を作り全体的に立体感を出す為に使われる手法です。

その手法は好みによって変わってきます。

ハイライトを目立たせたい場合はベースを暗くしハイライトを際立たせる。

ハイライト部分も太いとより強調され、細いと全体に馴染むようになります。

またベースが明るい場合にハイライトを入れるとより明るくなります。

その場合ハイライトはベースに馴染みやすくなります!

他にも白髪をぼかす為にハイライトを入れる場合もあります。

白髪とハイライトでより透明感のある仕上がりになり白髪染めを卒業する事もできます。 

バレイヤージュ

バレイヤージュとは髪表面にベースよりも明るいカラーを入れ立体感が生まれ、ハイライトのような役割を果たしてくれます。

ハイライトとの違いは?とよく聞かれます。ハイライトは暗い部分の方が多いです。

バレイヤージュは全体的に明るめなので、よく巷でいわれる“外国人風カラー”はこの手法を用いると綺麗になります。

根元から明るいカラーにするわけではないので、髪の毛が伸びてきた時に気になりにくい状態になります。

またハイトーンの為透明感のある色が入るので色落ちも楽しめるようになっています。

やり方は色々ありますが一回目よりも2回3回と続けてやり事により、とても綺麗な仕上がりになってきます。

※もちろんダメージを気にしながら施術します。

インナーカラー

インナーカラーとは髪の内側【上の髪が被さって見えない部分】を染める手法。

普通に髪を下ろしていると見えない、巻いたりアレンジなどした時に見えるのが可愛いインナーカラー。

こちらの色も好みがあるので正解はないのですが、ハイトーンにしたり青・赤・ピンクなどのビビットカラーなどで染めるとインナーカラーが見えた時に強調されより存在感が出てきます。

その他にもイヤリングカラーと呼ばれるインナーカラーもあります。

イヤリングカラー

イヤリングカラーとはインナーカラーと同じ手法でやりますが、目的意識が少し違っていて名前の通り『イヤリングのように見えるカラー』耳にかけた時に耳下からチラッと見えるようにするカラー手法です。

耳にかけなくてもチラッと見えるだけで可愛いです。

ここからは個人的な考察なのですが、インナーカラーは昔からあるカラー方法でずっとありました。

しかしここ最近“イヤリングカラー”などで再注目されるようになりました。

理由を考えてみた所コロナの影響があるのではないかと考えました!

直接コロナとは関係ないのですがマスクをする様になりイヤリングカラーというものが再発見されたのではないかと思っています。

マスクをする事によって顔の半分以上が隠れてしまいます。

前髪あり・眼鏡などをしてしまうとほぼ顔が隠れてしまいます。

そうなってくると人が見るのは自然と髪の毛になります。

髪の毛で自己主張する事が自然と浸透していきたのではないでしょうか。

特に顔周りの髪の毛で自己主張しているのかなと思っています。他にもフェイスフレーミングと呼ばれる顔周りだけ色が違いというカラー手法もあるのです。

それもマスクで自己表現が出来なくなり顔周りの髪で楽しんでいるのではないでしょうか。

※自己分析なので根拠はありません。

ハイトーン

ハイトーンカラーとは名前の通り明るいカラーです。

ブリーチあり・無しによって透明感や色味のでかたが変わってきます。

ブリーチありの場合比較的何色にもなれます。

ブリーチの回数によって髪の明るさが変化しますが街で見かける『綺麗な色味やな』と思う色はブリーチしてカラーしている場合が多いです。

デメリットは1番はダメージです。

それプラス色の褪色が早い為薄い色の場合1週間はどで無くなる場合もあります。

ブリーチ無しでのハイトーンとはカラー剤で出来るだけ明るくした状態です。

カラー剤は明るくなればなるほど色味が薄くなってしまうので、12.13トーンのカラー剤で染めた場合ほぼ色味が無い明るいだけの仕上がりになります。

ブリーチするのが嫌な方は一度カラーで1番明るくし、次回褪色した髪の毛に色味の濃い色で染めると透明感のある仕上がりになります。

外国人風カラー

外国人風カラーとは透明感のあるグレージュ・ベージュなどの抜け感のある柔らかな色味の事。

バレイヤージュやハイライトなどを用いてやる手法で毛先にいくにつれて明るくなるような仕上がりです。

まとめ

おしゃれに見えるカラートイレのは綺麗な色味や透明感が重要です。

デザインが通常のカラーと違えば人よりも目立ちますしね。

ただカラーだけいい感じにしてもダメだと思います。

メイク・ファッション・ネイルさらに言うと姿勢など人から見て『あの人素敵だな』と思う人はトータルで綺麗だと思います。

美は細部に宿ると言われているように細かな所まで綺麗を意識する事が大切だと思っています。

髪色だけではなく全身で素敵な女性になりましょう!

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。