コンプレックスを活かす・補うヘアスタイル【骨格に合わせたカット】

顔のパーツの位置

顔のパーツの位置

顔のぱの位置は人それぞれですし難しい所ではあります。

具体例が多いので少しだけ書かせてもらいます。

顔のパーツで気になる所

  • 目の大きさ・幅
  • 頬骨が出ている
  • 顎が少し受け口ぎみ

まだまだ細かい所を言うとたくさんあると思いますが大きく分けるとこれくらいかなと。

目の大きさ・幅

目が細い・離れているなどのコンプレックスもよくお聞きします。

しかし私からみるとその人の個性なのでむしろチャームポイントだと思っています。

しかし本人は気にしているパターンが多いです。

カットで活かすなら目のギリギリの長さに設定すれば目ヂカラが強くなり大きくみえます。

目の幅は前髪の幅自体を狭くする事と、前髪とサイドの毛の間の繋ぎをラウンドするように丸くカットしてあげると少しコンパクトになり気にならなくなります。

※ただその人の顔のバランスなどもあるので一概には言えませんが。

頬骨がでている

まずは前髪ありの人は先程も説明した前髪とサイドの間の毛。

ちょうど頬骨にくる繋がりの髪の毛。

これを少し長くして頬骨の少し下あたりにくるようにカットしてあげるとうまく補えます。

顔にかかる髪の毛は毛先の位置が目に付く所なのです。

だから毛先の目に付く所をズラしてあげる事によって目立たなくなります。

が少し受け口

これも個性なので気にせず好きな髪型にするのが1番なのですが、短過ぎると目立ってしまうのでショートでもボブっぽいショートにすると良いのかなと思います。

ボブの方だと長めのボブ。

サイドにボリュームがあった方が良いと思うのでパーマもおすすめです。

※前下がりにはしないようにご注意を。

まとめ

そもそもコンプレックスという言葉がネガティブなイメージですよね?

もっと前向きな言葉で「お気に入りのポイント」などにした方がいいですよね!!

まぁ、色々書きましたが結論から言うと私はコンプレックスというのは自分だけ感じるものだと思います。

人から見たら全然気にならないのが多数です。

最近ではメイクで全く別の人にもなれます。

「目が小さい」「鼻が低い」

などは自分の理想的ではないから嫌だという感覚になり、それがコンプレックスになっているのだと思います。

美容師は顔の形は変えれません。

ですがその顔に似合ったヘアスタイルを提供する事は可能です。

髪型はとても重要です。

顔と髪型のバランスがとれて初めて「綺麗」「かわいい」になると思います。

コンプレックスは髪型で活かせる・補えるという事が伝わったでしょうか?

しかし、まだまだ別の悩みもあると思います。

髪型でコンプレックスを解消し少しでも前向きな人生を歩めるのならお手伝いをさせて下さいね!

YouTube・Instagramでヘアカタログ

このブログを書いている美容師の自己紹介です。

自己紹介*

2019.11.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です