即おしゃれな大人女性に【バイオレットカラー・パープルカラーの違い】

人気のバイオレットカラー。

バイオレットと聞くと『紫になるの?』と不安になると思いますが実際は違います。

ブリーチで白に近いくらいまで脱色すると正真正銘の紫になってしまうのですが、黒髪スタートだとブラウンベースのバイオレットになります。

よく聞く『バイオレットカラー』ですが同じような色で『パープルカラー』というのがあります。

この二つ言い方が違うだけで同じ意味だと思っている人が多いのですが、実は少しだけ違うんです。

バイオレットカラー

バイオレットカラーというのは同じ紫でも青に近い紫【寒色系】の紫になります。

パープルカラー

パープルカラーというのは赤に近い紫【暖色系】

パーソナルカラー診断で自分自身が“ブルーベース”か“イエローベース”かによってバイオレットかパープルどちらが似合うのかを判断できます。

ブルーベースの方は『バイオレット』イエローベースの方は『パープル』が似合うと思います。

ただ個人差があるので誰でもというわけではありません。

担当の美容師さんに自分がどちらが似合うのか確認してみて下さい。

バイオレット・パープルカラーの良さ

流行りというのもありますが昔から人気のある色味です。

特にボブからロングの方に人気です。

女性らしい艶やかな色味なので長い髪にマッチしてくれます。

先程書いた『バイオレット』はブルーベースの人。

『パープル』はイエローベースな人と書きましたが基本的にはブルーベースの人に合う色味と言われています。

しかしピンクやオレンジを合わせる事によりイエローベースの方でも似合う紫になります。

ストレートでもかわいいのですが巻いて動きがあるスタイルの方が相性が良いのも特徴です。

幅広い世代の方に似合う色味なので挑戦しやすいでしょう!

補足として一つ。

白髪のおばあちゃんがよく紫やフジ色にしているのを見かけた事ないですか?

白髪を紫に染めるには理由があって、一つはおしゃれに。

もう一つは黄ばみ防止。

白髪の方なら分かると思うのですが、白はどうしても黄ばみが出てきます。

白Tシャツなどと同じで白髪も少し黄色くなってくるのです。

その黄ばみを無くす為に薄い紫を入れるのです。

紫は黄色の反対色で黄色みをかき消してくれます。

薄い紫を白髪に染める事でより綺麗な白にしていくのです。

これは黄ばみだけではなくて、黄色くなりやすい人にも有効です。

『何色しても黄色くなる』という方は一度紫に挑戦してみてはいかがですか?

ブリーチあり【ラベンダー】

バイオレット・パープルと同じ色味のラベンダー。

バイオレットにグレーを混ぜたような色味でブリーチ毛の方にぴったりの色味です。

黒髪に同じ色をしてもここまで透明感のあるラベンダーはでません。

ハイトーンならではの透明感。色落ちも綺麗で徐々にシルバーっぽい感じに色落ちしていくので長く楽しんでいける色味になっています。

黒髪からでもかわいいバイオレット

どの色味にも共通していえる事なのですが、黒髪とブリーチ毛では色味のでかたが全然ちがいます。

黒髪からバイオレット・パープルなどで染めても正直わからないという人もいると思います。

黒髪スタートだとブラウン+バイオレットというのになり、ブリーチ毛だとダイレクトでバイオレットがでます。

ただ暗めのバイオレットもかわいいので黒髪からの人でもおすすめささています。

今回は人気のバイオレットカラーのご紹介でした。

今後も人気のあるカラーをご紹介していきたいと思ってますので乞うご期待!

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。