ボブ特集 再流行!?“おかっぱボブ” 大人世代必見の“ミニボブ”

流行りはループするといわれていますが、今まさに“おかっぱ”が再流行するかもしれません。

名前は聞いた事がある“おかっぱ”イメージはどのようなものでしょう?

おかっぱ

おかっぱと聞くと『昭和なイメージ』『昔お母さんに切られておかっぱになった』などのイメージがあると思います。

重いスタイル”と“切りっぱなし感”など結構印象に残っている人も多いはずです。

そもそもおかっぱとは前髪が短く後ろも横も同じ長さでパツっとした黒髪のイメージだと思います。

完全なおかっぱだと昭和な感じですよね!

おかっぱボブ

おかっぱボブという名前なので完全なおかっぱだと今っぽくはないですよね。

重めで切りっぱなし感のあるスタイルです。

ボブと何が違うと思われる方も多いはずです。

たぶんですけどおかっぱとボブは同じ意味。

たぶんですよ。

私の印象では同じ長さでも丸みがある方がボブ。

角が残っていてパツっとした感じがおかっぱ。

その人の髪質・髪色・スタイリングで変わってくるとは思うのですが、その丸っこい雰囲気とパツっとした感じを合わせたようなスタイルだと認識しています。

※個人的な意見です。人によっては捉え方が違います。

おかっぱボブ【外はね】

外はねにするとまた雰囲気が変わりかわいいです。

外はねスタイルは若い子がする印象と思う人が多いのですが、大人世代の方にも似合います。

とびきり外はねにしてしまうと、やり過ぎですがナチュラルな感じで外はねにすると『おしゃれ』『品のある』といった印象になります。

おかっぱボブ【長め・イヤリングカラー】

同じおかっぱボブでも長さがありイヤリングカラーをする事によって印象が変わって変わってきます。

切りっぱなしで重めにしているのですがハイトーンになっているので柔らかな印象に。

それにプラスで『イヤリングカラー」を。

最近ではマスクを着用する事が当たり前になっているので顔まわりの髪の毛を変換させる方が増えています。

やはりマスクをしている状態では顔の表情がわかりにくく、前髪重め長めにしていると表情が暗くみえてしまいがちです。

顔まわりの髪の毛を明る苦する事によって明るい印象に慣れる事間違いなしです。

他にもスタイルをご紹介します。

おかっぱボブよりもタイトでコンパクトな印象のミニボブ。

ミニボブ

こちらも人気のスタイル。頭が小さく見え首が長く見えます!

『ミニボブって何?』と思われる方も多いはずです。

ショートスタイルには何個か種類があり短いスタイルでベリーショート。

次にショート。そしてショートボブ。最後にボブ。

という順番で長く重めのスタイルになっていきます。

ミニボブというのはショートボブと同じ位置にあるスタイルです。

『ショートボブってどのくらいの長さ?』これは少し曖昧な長さなのですが、ショートとボブの間の長さ。

髪質・髪色・毛量など人によって若干変わってきたり美容師さんの捉え方によっても変わるのではっきりとこれ!とはいえませんがショートボブとミニボブは同じ位置くらいだと思っています。

ミニボブの方がよりボブに近いですかね。

曖昧ですみません!

ただ大人女性に人気のスタイルなのでおすすめです!

ミニボブ【抜け感カラー】

カラーや髪質によって雰囲気が変わるミニボブ。

こちらのスタイルはアルティストカラーの新色『サンドベージュ』を使用しオリーブっぽいベージュになっています。

アルティストカラー新色【サンドベージュ】

アルティストカラーとは色味が濃くダメージレスであり色もちも良いカラー剤。

カラー剤の中に『ニュートラルグレー』といわれる“くすみ”が入っているのでブラウンにしても深みのあるブラウンになれます。

そんなアルティストカラーから新色の『サンドベージュ』がでました。

ベージュよりよマットな印象でグリーンほど濃くないオリーブっぽい色味になっています。

使ってみた感想としては程よいブラウンベージュに黄色みとオリーブっぽい色がうまく表現できる色味になっています。

ミニボブ③【ナチュラルハイライト】

表面にナチュラルなハイライトを入れる事によって平面的なミニボブも立体感が生まれ印象が変わってきます。

柔らかさが通常のカラーよりもあるので他とは違うカラーが好きな方におすすめです。

ナチュラルハイライト

ハイライトと聞くと『ブリーチを使わないといけない』と思われる方も多いと思います。

上の写真のようなナチュラルなハイライトをする事も可能です。

ナチュラルなだけに目立ちにくい所があるのですが『会社で明るく出来ない』『いつもと少し違ったカラーがしてみたい』という方にはピッタリのカラー方法です。

ベースの色を7トーンに設定しハイライトを13トーンで染めています。

ブリーチを使用してしまうと、どうしてもダメージがきになってくるはず。

ブリーチを使用し次の来店の際にはブリーチ部分の色が抜けてキンキンになっている人もちらほ。

その点ナチュラルハイライトだと色落ちもブリーチ毛ほどきにならず、尚且つ人と違いカラーなので変化をつけられます。

ボブと一言でいっても色々と種類があるので、好きなボブをみつけましょう!

ご予約はこちらから

※【予約する】を押すとhot pepper beautyに繋がります。

JUN
ラインで友達追加してもご予約可能です!
お気軽にご連絡ください。

Concept

伊丹の美容室『ボブとショートのお店 eld

は髪の毛をショート・ボブなど短くすることに不安がある大人女性から 沢山のご支持頂いている美容室です。

 

 

『短くして自分に似合うか不安』

『家でのお手入れが不安』

などの不安を感じている大人女性がたくさんご来店頂いています。

理由として

『短くすることで起こりえるメリット・デメリット』

をしっかりとお伝えし

『その不安を取り除くためにどうすればいいのか』

の的確なアドバイスをカウンセリング時に細かく丁寧にお伝えします。

他にも年齢による髪のボリューム低下・白髪・くせ毛のお悩みに対して

若々しく、美しい髪の毛を維持出来るように意識して取り組んでいます!

hair design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。