ボブってどんな長さ?

そもそもボブとは?

お客様で「ボブにしたいです」と見せられた画像がボブじゃなかったする時もあります。

間違ってはないんですけどボブではない。

みたいな事もよくあります。

ボブとは肩くらいまでの長さで、全体的に丸みを帯びたスタイルです

そうです。

曖昧でとても幅広いスタイルです。

一般的なイメージではおかっぱとかですかね!

今回は少しですがボブの紹介と解説をしていきたいと思います。

ボブにはどれくらい種類があるのか?

そもそもどれがボブでどれがボブじゃないのかは、美容師さんによって違う事ないですか?

長さの若干の違いや感覚の違いでボブだったり、そうでなかったりします。

長さも襟足ギリギリから肩までです。

注意
これは私個人の感覚なのでご了承下さい。

まずは、レングスの形

  • 前下がり
  • 前上がり
  • 水平

この3つです。

3つのボブの特徴

この3つの良さと、レイヤーを入れると印象がどお変わるのか?

どんな骨格の人に似合うのか?

などをご紹介させていただきます。

前下がりボブ

前下がりは後ろの髪より横の髪の方が長い状態。

どんな方でも、どの世代の方も似合う前下がり。

小顔効果もあり人気のスタイル。

前上がりボブ

前上がりは横の髪より後ろの髪の方が長い状態。

前下がりとは逆のレングスです。

丸みがでて可愛らしい印象です。

柔らかい雰囲気がでるのでカラーもベージュなどと相性抜群です。

水平ボブ

水平は後ろも横も同じ長さ。

ストレートスタイルが似合う水平ボブ。

黒髪だと「かっこいい」イメージに。

金髪だと「個性的」になるスタイルです。

コテで巻くだけで柔らかさがでてかわいいですよ。

形はこの3つで形成されています。

前下がり・前上がり・水平とありますがこれらはレイヤー(段といわれるもの)がない、おかっぱの状態のボブです。

次にレイヤーが入っているボブ。

jun
レイヤーが入っていてもボブと呼ばれます。
むしろ入った状態の方が多いです。

前下がりボブ【レイヤーあり】

前下がりでレイヤーあり。

下の重さがなくなり少し軽くなってますよね?

でも重さは残っているので丸みがより出ています。

前上がりボブ【レイヤーあり】

前上がりでレイヤーあり。

柔らかさと丸さがよりでてかわいいボブ。

レイヤーを入れるとトップにもボリュームが出やすいです。

水平ボブ【レイヤーあり】

水平ボブでレイヤーあり。

パツっと感がなくなり丸さが少しでます。

人気があり幅広い世代の方がされているスタイルです。

他にもスタイリングの違いで同じ長さでも全然違って見えます。

同じ長さでもスタイリングによって違う印象

自然な仕上がりと外ハネ。

同じくらいの長さでも印象が全く変わってきます。

他にもカラーでイメージがガラッと変える事も可能です。

まだまだ細かく書けばキリが無いので今回はこんな所で!

自分に似合うボブ探してみては?

ご予約はこちらから

※上のボタンを押すとホットペッパーに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です