くせ毛ショートのアフターケア【自宅での再現】

重めショートボブ

ふわっと広がり襟足が上に向かって生えくせのあるお客様。

オーダーはもっと短くて軽めをご希望でしたが家でのお手入れの事を考えると、少し長め・重めにするのがベストだと判断しこのスタイルに。

耳にかけたりする事も可能なので、扱いやすそうと喜んで頂けました。

先程も言った通り「家でのお手入れ」つまり、自宅でどれだけ再現出来るかが1番重要なんです。

自宅で再現するにあたってお客様が普段どのようなスタイリングをするのかも重要になってきます。

それに応じてカットしたり、アフターケアで自宅でのやり方を伝えています。

アフターケア

jun
アフターケアというのはお客様に自宅でどのようにスタイリングをしてもらうかをお伝えする事です。

実際お客様が美容師と同じようにはしないです。

お客様の自宅でのスタイリング法
1.乾かすだけ
2.ブラシは通す
3.ブローをする
4.アイロン・コテを使う
5.アイロン・コテを使用した後スタイリング剤もつける

他にも色々とあるかもしれませんが、だいたいこんな感じやと思います。

これがお客様の生活での髪にかける時間の使い方なのです。

なので美容師はお客様のスタイリング方法を聞いた上で、カットをしてライフワークに馴染ませるのがベストなんです。

1.乾かすだけ

乾かすだけのお客様にアイロン・コテを使って綺麗になるカットをしても、意味がありません。

意味がないと言うと誤解をまねきますね。

正確には合ってない。

乾かすだけでまとまるようにカットしなければ扱いにくいだけなのです。

なので、カウンセリングの時にご希望のスタイルと少し異なるスタイルになる事もあります。

少しですけどね!

2.3の場合

ブラシを使ったり、ブローをするお客様は比較的、自宅で再現しやすいのでご希望のスタイル通りにカットしていく事が多いです。

ただカウンセリングの時に見せてもらったりした画像などは巻いたり、スタイリング剤を付けていたりするので、全く同じようにはならない事をお伝えします。

それ通りに切ると若干短く感じる事もあるので、ちょっと長めに切る事もあります。

ちょっとですけどね!

4・5の場合

何も言う事ないくらい自宅で再現してもらえると思います。

ショートだとコテで火傷しやすいのでお気をつけて。

火傷ね!

伝え

この伝え方が非常に重要になってきます。

先程「アフターケア」の所でも少し書きましたが、これも人によって変えなけれいけません。

伝え方のマニュアルを作り伝えた事もありますが、全然伝わりませんでした。

やっぱり一人一人に親身に向き合ってするのが1番ですね!

伝わり方一つで「全然出来ない」となってしまいますしね!

時間は少しいりますが解かって頂くまでしっかりと伝えます。

長々と書きましたが、最後まで観て頂きありがとうございます!

ショート・ボブが得意です。

是非一度ご来店下さい。

ご予約はこちらから

Instagramもやってます!

フォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です